テンプレートについて

公式テンプレートを元に作成しています。 再配布は禁止ですが、それ以外はご自由にお使い下さい。

応真 ホラーを観る

 はろーえぶりにゃん! お久しぶりです、応真です。いやー、本当に久しぶりの更新ですね。いろいろなことがありました。ミラルさんがブログを辞めちゃったり……えーと、あとは特にありませんでした。リューニャーさんのブログが来場者数6万人突破したり。
 Akさんに続いてミラルさんまで……まぁそりゃあ個人の理由があり、個人の自由があるので口出しはできないのですが、私が直面する問題として 『その人のキャラってもう書けないのかな……?』 という事ですよね。イラストとしても、お話でも。やばいですよね。私自分のキャラだけでお話書けませんよ……?(完全に自己責任)
 このブログも更新頻度としては虫の息ですが、 まだまだ辞めませんよ!  読んで面白くも無いかもしれませんが、たぶん私にとっては面白い。私は私にとってのみ面白ければ最低限の条件は満たしているのです。そんな私の魅力に気づけたら貴方もよろしくね、って程度でこれからも自分をエクスポートしています。



 さて、私のスタンスなんてまぁどうでも良いではありませんか! 最近更新していなかったのは更新すべき記事の内容が二転三転していたからでして、

①次は『眠れぬ夜に』タグで私の怖いものや怖いという事について語ろう
     ↓
②本屋でとある本にみーちゅー (meet you)。
 『恐怖の哲学 ホラーで人間を読む』 (著:戸田山 和久 NHK出版新書)

 ざっと内容を紹介すると、
 「恐怖って何?」「怖いってどういうこと?」「なんで怖いの?」といった恐怖そのものについての疑問から、(作者がホラー映画好きなようなので、それを例にとって)「なぜホラー映画が怖いのか?」「ホラー映画が怖いなら、どうして私たちはそれを楽しめるのか?」
 といったような疑問について考えていきます。驚くべきはその内容の多彩さ。哲学をベースにしつつ心理学、生物生理学、脳神経学、言語哲学に論理学……まさに目的を追求するためなら何でもゴザレといった感じで、書き方は砕けていて読みやすいのですが内容は十分に詰め込まれていて読み応え十分です。まず本屋さんでパラパラっと目を通してから買われるかどうか決断されることをお勧めします。

 普段から『妖怪は人の恐怖が形を得たものだ』とは言いつつ、『じゃあ恐怖って何?』という問いからは目を逸らしてきた私にとってこの一冊はまさに天啓! という事で読み始めました。この本では例え話で海外のホラーを多めに採っているので、その辺は私の求めているものとニアミスがあるものの(私としては『妖怪』として想像されるものに含まれる文化的、思想的側面にも興味があるので)充分に恐怖そのものへの理解を助けてくれます。

 しかし、この本。話の随所でそういうホラー映画の話が挟まれるのです。

 『サイコ』の超有名な、シャワー室でカーテンの向こうに現れたノーマンに女性が殺されるシーン以来、シャワーカーテンはこの種の常套的手法になった。カーテンの向こうに何かがいるのでは。主人公はごくりと生唾を飲みこみながらカーテンに近づいていく。一瞬のためらいののち、意を決してカーテンを開ける。と、いろんなことが起こる。カーテンを開けると、誰もいない。ホッとする主人公。そのとき、後ろから刃物をもった殺人鬼が、とか。これは『13日の金曜日』ね。カーテンを開ける、そこには鮮血が飛び散っているだけで、怪物も被害者もいない。(『遊星からの物体X・ファーストコンタクト』)とか。

 
(第一章『恐怖ってそもそも何なのさ?』より抜粋)


 こんな風に書かれると見たくなる。この感覚分かります? 登場人物の緊迫した表情、雰囲気を直に感じてみたくなります。と、いう事で。

③よし、ホラーを観よう!
 こうなるわけです。しかし困ったことに私、 これまでの人生でホラー映画は努めて避けてきました。 怖い話は好き。私の自室だけで実話怪談系の本が34冊。倉庫にはもうちょっとあるかな? 今もYoutubeで怪談朗読を聞きながらこの文章を書いています (まぁ、聞き流しながらみたいなものですが。今ふと思ったんですけど、気が付いたら朗読じゃなくてお経っぽい、意味不明な言語になってたら嫌ですよね)
 だが映画。オメーはダメだ。怖いじゃん。想像の余地をくれよ。なんでそっちが決めたヴィジュアルとタイミングを押し付けてくるんだよ勘弁してくれよ。
 そんなわけでDVDを借りるまでに凄く時間がかかりました。ホラーコーナーを右往左往しては『まじか……観なきゃいかんのかな……。あ、これも(本に)載ってたタイトルだ』(SFアニメに離脱して戻ってきて)『観たくねーなー……(パッケージを裏返しつつ)』と、まるで罰ゲームを決行するかのような有様でした。
 家に帰ってからPS4にDVDを入れるのにも似たような調子でしたよ、へへへ。何度『観たくない』と言ったか分かりません。観たくないけど観ちゃう、のではなく本当に見たくないんですけど恐怖への好奇心が勝るんですよね。これが人間の辛いところ。チクショー



 とまぁそんなわけで、これからちょいちょいホラーな映画を観てその感想を書いてみようかなーと思います。ネタバレも含みますのでそういうのが苦手な方は追記まで読み進めないことをお勧めします。あともちろん、怖いのや痛いの、グロテスクなのも観ていこうと思っているので、そういうのもね。
 それでは今回は『シャイニング』。

続きを読む

休業宣言!

 はろーえぶりにゃん! 応真です。はや3月ですね。先月は結局『今月のフリープレイ』しませんでしたね……。ていうかプレイしてないんですよ。イブバーストエラーとか。DLはしてるんですけどね。
 なーんか最近ゲーム自体に消極的になっているといいますか、まぁとはいってもPSO2も言うほど進んでるわけではなく……。ホワイトデー緊急も一回しかやってないんですよね。あの金色のドラゴン戦で流れる曲、あれはテーマソングか何かでしょうか。

 じゃあ何やってるの? といえば……まぁ唐突にテイルズオブグレイセスエフやりたくなって買って来たり、スパロボもやりたくなって第二次ZをDLしたりしてました。スパロボって良いですよね。最新作だから買う、じゃなくて好きな作品が出てるかが決め手になりますものね。まぁ私シミュレーション苦手なので難易度も決め手になるんですけど。DSか何かでゾイド出てるのありましたよね。あれがずっと気になってるけど手が出てなかったり、あとデモンベインがでてるUX。あれもやってみたいですね。Zは比較的簡単らしいですよ。スパロボ未経験者の方はいかがでしょ。
 あとテイルズもね。グレイセス面白いですよ。戦闘はスピーディでコツを掴めば絶え間なく攻撃できる爽快感。随所にちりばめられたネタで全体的な雰囲気も重くなりすぎませんし。単調な戦闘は嫌だけどキャラ育成したい、っていう方にお勧め。

 前回の記事で『次は長ーい記事書くよ!』と言っていましたが、言っていたんですけどね。そのテーマに関連した本を本屋さんで見つけまして、今読んでるところです。超面白い。読み終わったらまた見直して、本紹介と合わせて公開しましょうかね。

 さて、しかし思いました。このままではいけねぇ。こんなぐだぐだゲームばかりしてらんねぇぜ。ということでしばらくゲームを休業しようかなぁと。
 休業するというのはゲームの事。PSO2はしますけど、それ以外のゲームをちょっと押さえていこうかなーと。そしてまたイラストとか文章描きたいな……。先日ふと思ったのですが、私自分のキャラ好きなんですけど、私が描かないと絶対に自分のキャラって形にならないんですよね。上手い下手の問題ではなく、いわゆる空前絶後ってやつですよ。そう考えるとちょっとやる気が出てきました。何を描くかはこれから決めます。

 ブログ更新ももうちょっとしていきたいですね! ではではー。

当たり前のこと

 はろーえぶりにゃん! お久しぶりですね、応真です。
 ホントはもうちょっと早めに更新するはずだったんですけど……ちょっと記事に手間取ってまして、そのうちまたながーい記事仕上げます。

 さて、実は今日も更新する予定ではなかったんですよ。この土日でM子の所に遊びに行って、明日は仕事なので余裕無いだろうなー、って。

 昨日はお酒呑むつもりだったので電車で行き、駅でM子と待ち合わせていました。到着して電話してみると、何だかぼんやりと要領を得ない感じ。『ひょっとしてまだ寝ていたんだろうか?』と考え始めた時、不意に別の女性に声が変わりました。
 「もしもし、あの、私○○駅の者なのですが、こちらの女性が倒れられまして」「あぁ、そうでしたか」
 実はM子、私が到着する寸前にてんかんの発作を起こした様子。幸い(?)嘔吐や失禁は無く痙攣と軽い意識傷害でしたが(二歳サバ読む程度)、倒れた拍子にパンフラックでたんこぶを作ったみたいでした。
 それから呼ばれていた救急車に載って、かかりつけの病院へ。残念ながら一日の予定はお流れとなりましたとさ。ちゃんちゃん

 さて、後からM子の話を聴いていたところこんなことを言っていました。
 「ほとんど何も覚えてないんだけど、ぼんやりと風景は思い出せる。顔は分からないけどすごく良くしてくれた人がいて、あと仕方ないんだけど周りの人の視線がすごく嫌だったのも覚えてる」
 と。

 そういった病気が身近に無いのなら奇異に見えるのでしょうが、もし貴方がそんな現場に立ち会うことがあった時のために覚えていてほしいことがあります。

 ①まず救急車を呼ぶこと。これが絶対必要なことですね。てんかんの発作が起きた場合、素人がその場でできる処置はほぼありません。これ以下はできれば、って位なんですが、とにかく病院にはつれていくべき。
 ②症状を記録。カメラなどで痙攣の様子などを撮っておいて医師に見せると良いそう。私は今回既に痙攣が収まっていたので役に立ちませんでしたが。
 ちなみにこれを行うことでもれなく病院に同伴する流れになります。予定など色々あるとは思いますけど、そして即刻命に関わるケースも少ないですけど、人助けと思って力になれることはしてあげてください。情けは人のためならず、きっといいことありますよ。
 まぁそれはそれとして、人が痙攣してる様子を撮影するのって背徳感というか、何か異様な精神状態になりそうですよね。経験無いのでなんとも言えませんけど。

 ③噛ませない。昔はてんかんの発作の際『舌を噛まないよう布などを噛ませる』と言われていたのですが、そうした場合その布を飲み込んだり、噛ませようとした人の指を噛むことがあるそうです。だから布を噛ませたりはしなくていいとのことですが、その場合舌を噛んだらどうするのかは聞いてないです()

 あとは身元やかかりつけの病院、保険証や連絡先などが分かると良いのですが……勝手に人の荷物を探るのは抵抗ありますよね。スマホケースの中とかぱっと分かりそうな所なら救急車が来る前に調べておいてもいいでしょうけど。

 何にせよ、親身になって……とまではいかないまでもできることはしてあげてください。それがきっと当たり前の事なのですが、当たり前のことを当たり前にできるってやっぱり大事なことですから。

 こういうてんかんなどの病気は人のせいで患うものではないでしょう。そんな病気を持つ人たちが嫌な思いをして、それを『仕方ない』で済ませようとするのはとても悲しい事だと思いませんか?
 今日話したかったのはそれだけです。そういう時どうするか、っていう話。覚えておいて損はないよ、ってことでどうかひとつ。
 それではまた次回。ではではー。

冬の吐息は珈琲の匂い。冬の足音は三本足。

 はろーえぶりにゃん! 応真です。一個前の記事が自分で読み返すのも嫌でね、『こんなのいつまでもトップに置いとけねぇぜ!』ということで書きかけだったお話を書き上げました。リューニャーさんとの不定期連動企画『不行市』ですね(企画と言いつつお互い気が向いたら書くだけなんですけど)。

 今日は誰の話でしょうか。そろそろマイキャラの話も進めたいんですけど、書きたいことがキレイにストーリーとして纏まらないんですよねー……。

 閑話休題。では、どうぞー。

続きを読む

PSO2で泣いた話

 こんにちは、応真です。今回はタイトル通りです。特に誰かに晒されたとか、酷いことを言われた訳でもないのであまり気にしないでくださいね。
 ただ吐き出したくなっただけです。
 下の記事の後にこんなことを長々と書きたくないので追記に畳みます。誰にも影響しないことですが、もしあなたがPSO2をプレイしていて、キャラ勢を自任しているのならちょっと関係あるかもしれない内容です。
 あくまでもかも、ですけど。

続きを読む

プロフィール

応真

Author:応真
このブログにおける掲載物の一切の転載を禁止します。

Mail→magokoro914☆yahoo.co.jp
(↑☆を@にしてお使いください)

PSO2:1鯖→OUMA 不定期。昼間に時間が取れればやるかな?ただ今EP1で育成中。

ゲームして、お絵描きして、読書して、たまにパズル雑誌。毎日が足りない!

ついったーにbot作りました→@bouyou_bot

※記事中で断定的な物言いをする事もありますが、あくまで『私の意見/思想』と割り切って書いてます。至らぬ部分はご指摘いただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad