テンプレートについて

公式テンプレートを元に作成しています。 再配布は禁止ですが、それ以外はご自由にお使い下さい。

クリスマスの記事を書いていたら年が終わっていた

 はい、一つ前より続く12月24日の部屋建て記事、その後半戦です。後半はみんな大好き、アレでお送りします。

 しかし、この記事に手間取っているうちにもう年末ですよ。年越しのあいさつもここでせねばなりません。記事を書き終わった後に覚えてるか怪しいので今します。
 本年は私がこのブログを始めた年でありました。本当に多くの方にお世話になったと、自らの未熟と共に痛感している次第でございます。多くの方のブログを手本に、時にアドバイスをいただき、こうして部屋建てに参加していただき、また参加し……。
 どうか来年も変わらぬおつきあいを、心よりお願い申し上げます。



 はいはい真面目なの終わり―! さっさと追記で後半戦DA!

続きを読む

スポンサーサイト

傭兵に聖夜など存在しない!

 はろーえぶりにゃん! 応真でございます。皆さんクリスマスイヴはどう過ごされましたか? 私? 聞くまでもないでしょう、お仕事ですよ。

 さて、そんなお仕事も終わり、急いで帰宅。とはいえ年末のこの時期、どこに警察の目が光っているか分かりません。安全運転、安全運転。

 帰宅。ご飯をかきこみつつレベル119だったシェオルちゃんの調整。どんだけギリギリのスケジュールだよ。余談ですが学生時代、『腕が四本あればご飯食べつつゲームできるのになー』と割と真面目に言ったところ、友人から頭おかしい人認定されました。あれ、私腕何本あるんでしたっけ?

 さぁようやくレベル120に! 待ちに待った部屋建てだぜ! 続きは追記にレッツ&ゴー!

続きを読む

メリークリスマス! ……ペッペッ……

 HO―! HO―! HO―!

 どうもこんにちは。応真サンタ、いや、サンタ=オブ・オウマです(こうやって書くと武器っぽい)。

 突然ですが、先日『冬服描きたいんで皆さんのキャラ貸してよ!』という旨の記事を書いたんですけど、こういうコメントがありました。
 『厳しい寒さに震えるハードゴアに暖かい冬服をクリスマスプレジェントしてください』

 ……クリスマスプレゼント? それって遅くとも25日(クリスマス)中に渡す奴やん? 締め切りが24日なのに……?

 サンタ=オブ・オウマは考えた……。いや考えなかった……。思いつく選択肢なんて一つしかない、と思った。
 『……別枠?』
 と、いうわけで、急ぎました。間に合わせとか言わないで!(実際間に合わせなんですけど。死)
 もちろんちゃんと集合絵でも描きます。書き直します。ちゃんとした冬服を。

 ではでは、追記に置いときます。ゴメンナサーイ!

続きを読む

挑戦的ぼっち

 はろーえぶりにゃん! こちらの記事はしばらくトップに鎮座します。『もう読んだよ』という方や『興味ねぇよ』という方は一つ下の記事へどうぞ。

 さて、トップに居座る記事にだらだら書いてても仕方ありません。要点のみを書くことにします。

 (12月22日 更新)
(12月25日 終了)

続きを読む

Last Week……

 はろーえぶりにゃん。応真でっす。すっかり冬本番ですが、そこまでの寒さを感じません。いや寒いんですけど、『耐えられる寒さ』というか何と言うか。周りの人と微妙な温度差を感じます。気温だけに!(?)

 さて、今年も残り一週間ですね。と、いうわけで、今日はマイキャラたちと今年をかるーく振り返ってみたいと思います。お話風に、余計な描写もなるべく入れてみたいなー、なんて。

 ではでは、お時間のある方は追記にどうぞー。

続きを読む

創☆壊!

 う、うわぁあああ!!



 買っちゃった。

 いや違うんですよ。今日の勤務中までは『そういえば昨日ガンダムブレイカー2発売したんだよなー。でもPSO2もやらなきゃだしNOVAも約束片っ端からやりたいから使ったことも無いクラスのレベル上げで止まってるし、モンハンも村の☆5でレウスやだなーとかで滞ってるし……。それならやりたいけど買えてなかったゲームで安いのを探そうかなー』とか思ってたんですけど、帰る段になって『でも今なら初回特典付いてるだろうし、あれって後から配信するにしても有料なんじゃん? じゃあ今買ってもそんなに損しないんじゃね? 何よりゲームを我慢するこのモヤモヤは体に悪い!』と買いました。もう勢いですよ、えぇ。

 前情報ほとんど無しなのでどんなプレイができるか楽しみです。ちなみに前作は体験版だけやって『面白いけど操作感悪いし飽きそう』と思って買いませんでした。なにやらその辺も改善されてるというレビューもちらほら……。

 まぁ今からはPSO2やるんですけどね。デイリーをちょちょいと。ていうかPSPo2iのレベル上げしないとクリスマスにシェオルちゃんしか間に合わない可能性がががorz

 では追記にて、私による私のための企画告知をば。

続きを読む

第1911回「最近いつ涙しましたか?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当伊田です今日のテーマは「最近いつ涙しましたか?」です。涙には色々な種類がありますよね悲しくて、悔しくて、感動して、楽しくて、理由もなく...などなど伊田はそんな涙もろい方ではないのですが、昨日コンサートで一番好きなメンバーの挨拶に感動して久々に涙してしまいました...いい歳してお恥ずかしい小さい頃、涙を流す事は恥ずかしいと思っていましたが色々な種類の...
FC2 トラックバックテーマ:「最近いつ涙しましたか?」





 どうもこんばんは、応真です。先日は『たっぷり書いてやるぜぇ!』みたいなこと言いつつ結局二つ。ネタは無いでもないのですが、結論が無いことに気づきました。危うく見切り発車するところでした。危ない危ない。
 と、言うわけで今日はトラックバックなるものを使ってみました。他のブログでちらほら見たテーマを引き当てたので何かしら書けそうです。

 最近……泣いてないですねー。『お涙ちょうだい』なテレビにはうんざりしますし、映画や漫画でも感動はすれ泣くほどでは……。
 『泣きたく』はたまになります。それこそ最後に泣いたのは3年くらい前でしょうか、PS3のICOをプレイしてエンディングで……。酩酊していたのもあって『エンディングで感動して泣いちゃう私!』っていうのをやってみたかったのだと思います。一人だったしね。(ちなみにエンディング後は半ギレでした。私の涙を返せ)
 ワンダと巨像も泣くんでしょうね。ていうかクリアしなきゃ。エンディングと言えば刺青の聲もやばかったですね。あれは泣きそうでした。いやいや涙が流れてないだけで私の心は最大級の感動をしていました。

 あと、普通に感動したのは『しにがみのバラッド。』一巻一話の『ヒカリのキセキ』。なので一巻だけ買いました。(ラノベtって『一巻だけでいいや』っていうの結構ありますよね)
 それからー、なんとなく『号泣したいなー』っていう気分になることありません? 私あるんですよ。あととにかく『好きだ―!』って何かに愛をありったけぶつけたくなる時。きっと心が湿っぽいのを求めてるんでしょうね(笑) 乾いてるのか乾かしたいのかは知りませんけれど。

 ゲームサントラとか聴いてると思い出がだんだん美化(誇張)されてって涙腺崩壊曲になるとかね。もう曲を聴いて感動するんだか感動するために曲を聴くんだか。サントラ以外だとアリプロとか谷山浩子とか、その辺が私の涙腺を責めてきたような気がします。



 うーん、定期的に泣いておきたい。たまに泣きたくなったときに何かしらの処置を考えておきたい。そう思うのですがそう思っちゃう時点で何か間違えてる気もしないでもない、そんな応真ちゃんでした。

続きを読む

魔を討つ魔女の物語、完結

 やぁやぁやぁ! 12月10日二つ目の更新!(日付はすでに11日)

 最近買わなきゃいけない本がポロポロ発売されてます。そんな中の一冊がこちら。

 CLAYMORE(著:八木教広)



 ジャンプSQにて連載していましたが今度の27巻にて堂々完結! いやー長かった。月刊誌は長く感じますね。途中『オイオイこんなに大風呂敷広げて大丈夫か?』と心配しましたが驚くほど綺麗にまとまったように思います。途中までの後付感がウソのようです。

 あ、感想だけじゃなく紹介しないと。
 
 太古の昔から人を襲って食物にしてきた『妖魔』。彼らは食べた人間の容姿と記憶を得、素知らぬ顔でその人の振りをすると、また関係者を襲います。人に妖魔を見分ける術は無く、また例え見破った(変身する瞬間を目撃した、など)としても人間離れした身体能力を誇る妖魔にはとても敵いません。
 しかしだからといって人も食べられるままではありません。
 自らの身体に妖魔の血肉を取り込み、半人半妖となることで妖魔を超える身体能力、そして人と妖魔を見分ける目を得た戦士達がいました。副作用により色素を失った彼女達は『銀眼の魔女』、あるいは共通装備の大剣から『クレイモア』と呼ばれ、人類の希望となるとともに、あるいは妖魔以上に恐れられました。
 物語は一人のクレイモアが、ある少年に出会うことから始まります。



 『クールなお姉さんがたくさん出てくる』、『割と簡単に手足が飛ぶ(緩めにリョナい)』、『クリーチャーデザインが半端なくカッコいい』と三拍子そろった俺得漫画です。何を隠そう、PSO2のアンケで『コラボしてほしい作家、作品』の欄に『八木教広』と書いたのは私です。ま、期待してませんでしたけどね。『エンジェル伝説』の方とコラボしたら? 大歓迎。

続きを読む

20年前からの

 どうもこんにちは。応真です。ちょっと更新が滞っておりましたが別に体調崩したりとかではありません。なーに、世界の二つ三つを救ってたんですよ、なーんてね。嘘です。
 前回の記事に書いた通り、ちょっと気後れしてるうちに日数が経っちゃったんです。テヘペロ しかし何が問題って決してネタ切れではなかった、ということです。どういうことって、書きたいことが溜まってて仕方ないんですよ。

 なので今日はジェットストリーム更新! 二つでも三つでも、書き疲れるまで書いてやるぜー!!
 まず一つ目の記事は、先日初代PSが発売されて20周年を迎えましたね! 私みたいななんちゃってゲーオタは詳しいことなんてわかりませんが、思い出深い初代PSのゲームを並べて懐古したいと思います。『あぁ、そんなゲームもあったねぇ』と思う人が……いるのか?

 追記に並べますよー。

続きを読む

カッコいいとこ、見せてやんよぉ!

 はろーえぶりにゃん! ドーモ、応真です。今さっき、追記にモリモリとSSを貼っていたこの記事が消えました。そう、停電です。姉が部屋でハロゲンヒーターを点けた瞬間ブレーカーが落ちたのです。心は折れましたが明日はモンハン、明後日は友人の誕生日を祝いに出かけるので今日しか無いんです。それ以外の時間は友人へイラスト描こうと思ってます。ハイ、現時点で白紙。間に合うかは分かりません。

 さて、先日うちのチームマスターが『チムメンの紹介に画像つけようかなぁ』と話してまして、『ちょーっと待ってってばよォ!』とマイルームに押しかけて全力抗議しました。だって流れ的にアンデッドだったんだもん。私のおふざけ画像でOUMAちゃんを紹介するなんて、そんなのお天道様が許しても私のキャラ愛が許さない

 2014-12-03-234042.jpg
 (全力抗議の図)
 『ヤダヤダ絶対ヤダァ!』と駄々をこねましたが『フハハハもはや手遅れ、一度発動した『誕生祭(バースデイ)』は私にも止められん!』とはねのけられてしまいました。まぁリューニャーさんがそんなラスボスっぽいことを言ったのかはともかく、私は引き下がりません。『じゃあ私のブログの画像使っても良いですから!』。言ってから冷静になりました。『アレ? いうてカッコいい画像なんてあったっけ?』自分の過去SSを振り返る私。

 …………

2014-11-12-013749-2.jpg

2014-11-06-205512.jpg

2014-10-04-135930.jpg
 (これは初公開ですね)

応真『……何か足りないものあります?(超弱気)』
リューニャーさん『戦闘シーンが足りない! 躍動感だよ! もっと熱くなれよお米食べろ!』

 まぁリューニャーさんがそんな松○修造っぽいことを言ったかはともかく、『そんなら今からクエスト行ってカッコいいSS撮ってきてやんよ!』とOUMAちゃんは一人クエストカウンターへと足を向けました。チムメンが『XHいこうか』なんて話してましたがレベル足りないしー。



 では、追記にてSS出していきますよー!

続きを読む

一寸先は塞翁が馬

 はろーえぶりにゃん! ちょっと久しぶりの更新、応真です。最近忙しくってですねー(ゲーム的な意味で)、更新ってどうしても1時間はかかっちゃうので二の足を踏んでるうちに『明日にでも書こう』って思っちゃうんです。いやはや、毎日来てくださる方もいるのに申し訳ない。反省はしますが改善はしません……しません。

 そうこうやってるうちに12月に入ってしまいました。『今年もあと一か月しかない』? そんな言葉が聞こえてきそうですがそうは思いません。『人生80年』なんて言ってみれば、なるほど一年というのは確かに早い。しかし、人生が80年と決まっているわけではないのです。人と言うのはいつ死ぬともしれません。今の状況がいつ終わるとも限りません。短い一年を12分割して、それをさらに30で区切ったものを24等分し、360で割ったのがあなたがこの文章を追いかけている一秒です。人の一生とは一寸先も闇。その闇に現状が続いているとは限りません。もちろん、続いているかもしれませんが。

 はい、前の段落を一言でまとめると『来年のことを言うと鬼が笑う』です。お気づきの方もいらっしゃると思いますが、今日は普通に更新する気がさらさらありません。書くことが無いわけでもないのですが、まとめてません。なので横道に逸れつつもテキトーにつづってみます。某名状さん風に洒落れば『チラ裏』と言うやつかもしれません。……キャラ対談ではありませんが。(そもそも本題が決まってないとも)

 鬼という単語が出てきましたね。ご存じの方も多いかと思いますが、『鬼(oni)』とは『隠(on)』から変化して生まれた言葉という説があるそうです。『隠』とは『この世ならざるもの』の総称だとか。でも私なりに差異を考えてみた時、『鬼』とは人より出るものではないか、と思いました。要は、怪異の原因を求めた時に、人がそれに与えた形が、いわゆる『鬼』ではないかと。創作の話になるのですが、鬼形『黒巻』の『鬼』は『人でないもの』という意味を込めてます。人の形と範囲を逸脱する、ということで。

 人が原因だと幽霊とかよばれるのでしょうか。鬼や妖怪の類が人の形をしていることはほとんどありませんものね(日本では)。あるいは人の形をしていてもその原因は人ではないとか……? 酒呑童子は人と妖怪の子でしたっけ? 記憶が曖昧ですね。調べるのも億劫なので、またその辺の本を探しておきます(目的と手段が逆転する例)。



 さて、ちなみに私は霊魂に対して非常に煮え切らない態度を取ってる派です。あえて言葉にするなら『居るとも居ないとも証拠不十分につき言い切れない。居ると思えば居て、居ないと思えば居ないのではないか』、みたいな。でも感情としていてもらっては困ると思ってます。
 私にとって今の生は確かにあるもので、では死も確かなものです。ならば一種のゴールともいえる死を念頭に生きるのが必然、なのですが、霊魂なんて『死のその後』を提示されると戸惑うわけです。『じゃあ死とは通過点なのか? 不確かなその先を思慮に入れて生きられるか?』とか、まぁそんな感じで。
 宗教とは、方便である。この世の仕組みを提示し、『いかに生きるか』という方法を提示する、しかしその正確さを測れないがゆえに、方便の域をでません。



 うんうん、いい感じの長さになり、ちょっと指も疲れてきたので今日はこの辺で切ることにします。またSSでもまとめて記事にしてやりますよ……へへ……。(この記事? 繋ぎ繋ぎ)
 ではでは、お疲れ様でしたー。

続きを読む

プロフィール

応真

Author:応真
このブログにおける掲載物の一切の転載を禁止します。

Mail→magokoro914☆yahoo.co.jp
(↑☆を@にしてお使いください)

PSO2:1鯖→OUMA 不定期。昼間に時間が取れればやるかな?ただ今EP1で育成中。

ゲームして、お絵描きして、読書して、たまにパズル雑誌。毎日が足りない!

ついったーにbot作りました→@bouyou_bot

※記事中で断定的な物言いをする事もありますが、あくまで『私の意見/思想』と割り切って書いてます。至らぬ部分はご指摘いただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad