テンプレートについて

公式テンプレートを元に作成しています。 再配布は禁止ですが、それ以外はご自由にお使い下さい。

新年度ですが平常運転です

 はろーえぶりにゃん! 応真です。お久しぶりです。いやー、結構間が空いちゃいましたね。少なくとも映画は観ているはずなのでネタはある(はず)。つまり時間が無かったんですよ。旅行いったり、友人関係でゴタゴタしてたり。
 PSO2も全くできてないんですよ……。久しぶりにログインしたらエキスパートじゃなくなっていました。☆13武器+35……!? そんなの緊急で頑張るしかないじゃないですか……称号だけ(プレイヤースキル)ならともかく、緊急だよりとなるとほんとに時間を費やせない人お断りみたいな感じになりますよね。esでコレクトファイル進められるようになったのはその辺の緩和もあるのかもしれませんけれど。
 このままでは三鯖に出す顔が無くなってしまう……! 一鯖にはもうない(ぇ

 さて、とか言いつつ最近マイソロ3(前回の記事で挙げたゲームの中にありましたよね、『テイルズオブワールド レディアントマイソロジー3』)にすっかりハマってまして。やっぱり楽しい!
 まず戦闘が楽しい。スピード感はあまりないんですけど、コンボを繋げるのには技の工夫や操作の慣れが必要なんですよね。ま、私は魔術師なので上級魔法ドッカンドッカンでコンボとか関係ないんですけど。『時間かかるけど出せば勝ち』みたいな感覚好き。
 キャラが楽しい。このゲームはゴッドイーターみたいな、自分のデザインしたアバターを主人公にしてストーリーを進めていくゲームなんですけど、主人公はどうでもよくて(まぁ好きなんですけど)歴代の『テイルズ』シリーズのキャラがとにかくよく喋る。作品の垣根を超えてあっちこっちでスキット(短い会話イベント)が起こるので移動でも迂闊にショートカットが使えません。
 私は全部のテイルズシリーズをプレイしたわけではない……どころか少ないくらいなんですけど(やったのはPS版ファンタジア、エターニア、ディスティニー2、PS3版シンフォニア、アビス、テンペスト、グレイセスf……かな?)、知ってるキャラも『あーこんなこと言う人だったなー』とか、知らないキャラも『おーこんな感じなのか』とか。まぁいちいち目新しいんですよね、原作ネタとかもあったりするので原作もやってればもっとわかることがあるんでしょうけど、分からなくても面白い。

 おかげで先日『YAIBA』をプレイしようとPS3のコントローラーを握ったらあまりの握り心地の良さに『フハハハ…… 馴染む! 馴染むぞ!!』とか最高に『ハイ』ってやつになってました。YAIBAも普通に、期待より面白かったです。下ネタもアメリカドラマの三枚目みたいで、あぁいうノリ実は結構好き。【白舟】もあんな感じにならないかなー……。



 さて、そろそろ追記でまた映画の話しましょうかね。いやぁ、『またかよ』って感じですけど、私一つ分かったことがあります。コンスタントに映画を観てると毎日が凄く楽しい。観ている時は勿論観ていない時も『あそこ良かったなー』とか『次何観ようかなー』とか、ワクワクが止まりませんね。
 ちなみにここで書くことって楽しめる部分を全部書いてしまってはいないので(ネタバレとかも、一番大事な面白さは損なわないように一応気を使ってるんですよ)、この記事だけ読んで観たつもりになってはいけないのです。是非ぜひ、ご自分でも見られることをお勧めします。……私が『勧めないよ』って言わない限り。
 では、本日の映画は『遊星からの物体X ファーストコンタクト THE THING』

続きを読む

スポンサーサイト

大漁大漁!


【PS】
・スぺクトラルタワー
・タツノコファイト
・デジモンテイマーズ バトルレボリューション

【PS2】
・アーマードコア2 アナザーエイジ
・ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド
・武蔵伝Ⅱ ブレイドマスター

【PSP】
・アーマードコア フォーミュラフロント
・アナザーセンチュリーズエピソード ポータブル
・テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ
・テイルズ オブ ザ ワールド レディアントマイソロジー3
・HEROES'VS
・無限回廊
・勇者30

【PS3】
・テイルズ オブ エクシリア
・YAIBA NINJA GAIDEN Z



 ……以上、私が今日買ってきたゲームソフトです。
 以前、『ゲームはできるだけ新品を買う』と言ったな。あれは嘘だ。いや嘘にしたくないんですけど。だってセール中だったんだもの……。上のやつ全部一本100円です。ていうかスぺクトラルタワーを今定価で買うっていう方がいたら正気を疑いますよ。ゴキ○リを手づかみでムシャムシャしてる人が居たら『あらら……まぁそんな人も居るよね』と思いますが、これを定価で買っている人がいたら真顔で『貴様……気でも違えたか……!?』と半身になりますよ(元気が欲しいときの私の対処法の一つは『クソゲーのレビューサイトを読む』なのですが、もちろんこれも面白いのですよ。ご存じない方は調べてみてください)
 …………うん、何も言わないで。知ってるんですよ、今日買って来たゲームの半分くらい、いやほとんどが『良ゲー』として評価されていないことくらい……。でもやったことがあって面白いと思ったものもありますし、ちょっとでも気になったから買ってみた、というものもありますし。でもでも、実際面白いのもありますよね。アーマードコアとか、デジモンとか、それに名状さん一押しの勇者30とか。ただ、やっぱり今の需要にはならないんだろうなーという感じ。テイルズの値崩れ感を見ると世知辛さすら感じますものね。
 テイルズと言えば! 私GBAのなりきりダンジョンが凄く好きなんですけど、早く新作出してよ!! PS3以降のキャラ入れてはよ。だって最後に出た『なりきり』はファンタジアとのコラボだったじゃないですか? もうそろそろ新作出すより過去作からのファンに媚びてくれないかなー、とか思ったり。
 えーと、あと今日買った中では……『YAIBA NINJA GAIDEN Z』。これ『ニンジャガイデン』ってついてますけど別物ですからね。くだらなさ、下品さを楽しめる自信のある方にのみお勧めします。ちなみにちょっと遠くにあるツタヤでは新品680円でした。そういう内容と理解したうえで購入を考えてみてください。スぺクトラルタワーとヤイバ、それ以外は誰でも普通にぼちぼち楽しめると思います。多分。私もやったこと無いのがあるのではっきりとは言えませんけれど。



 さて、前置きが長くなりましたね。今日は久しぶりの更新という事でネタが詰まっています。……が、今日は取りあえず最近恒例(?)の映画感想で!
 本日の映画は『激突!』

続きを読む

アイスクリーム


 『違う……これは『バックトラック』だ……  ダニーもやるとは思わなかった』

 と、いう台詞を『シャイニング』観ていて言っちゃったんで前回書こうと思ったんですけどすっかり忘れてました。まぁ書いたところでリューニャーさんしか面白くないと思うんですけど。
 気になった方は是非ぜひ経典『ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない』を読んでみてください。ダニーは何部のダニーか確定できないのでお好みで。そして観てみて、呟いてください。

 さて、今回もホラー映画を観ましたよ! というか一本だけ借りることっていうのもそうないと思うので、大抵二本はセットで観ると思います。(でもそれは『毎週最低でも2回更新される、ということを意味しないのよね』)
 さてさて、今回観たのは『スクリーム』。

続きを読む

応真 ホラーを観る

 はろーえぶりにゃん! お久しぶりです、応真です。いやー、本当に久しぶりの更新ですね。いろいろなことがありました。ミラルさんがブログを辞めちゃったり……えーと、あとは特にありませんでした。リューニャーさんのブログが来場者数6万人突破したり。
 Akさんに続いてミラルさんまで……まぁそりゃあ個人の理由があり、個人の自由があるので口出しはできないのですが、私が直面する問題として 『その人のキャラってもう書けないのかな……?』 という事ですよね。イラストとしても、お話でも。やばいですよね。私自分のキャラだけでお話書けませんよ……?(完全に自己責任)
 このブログも更新頻度としては虫の息ですが、 まだまだ辞めませんよ!  読んで面白くも無いかもしれませんが、たぶん私にとっては面白い。私は私にとってのみ面白ければ最低限の条件は満たしているのです。そんな私の魅力に気づけたら貴方もよろしくね、って程度でこれからも自分をエクスポートしています。



 さて、私のスタンスなんてまぁどうでも良いではありませんか! 最近更新していなかったのは更新すべき記事の内容が二転三転していたからでして、

①次は『眠れぬ夜に』タグで私の怖いものや怖いという事について語ろう
     ↓
②本屋でとある本にみーちゅー (meet you)。
 『恐怖の哲学 ホラーで人間を読む』 (著:戸田山 和久 NHK出版新書)

 ざっと内容を紹介すると、
 「恐怖って何?」「怖いってどういうこと?」「なんで怖いの?」といった恐怖そのものについての疑問から、(作者がホラー映画好きなようなので、それを例にとって)「なぜホラー映画が怖いのか?」「ホラー映画が怖いなら、どうして私たちはそれを楽しめるのか?」
 といったような疑問について考えていきます。驚くべきはその内容の多彩さ。哲学をベースにしつつ心理学、生物生理学、脳神経学、言語哲学に論理学……まさに目的を追求するためなら何でもゴザレといった感じで、書き方は砕けていて読みやすいのですが内容は十分に詰め込まれていて読み応え十分です。まず本屋さんでパラパラっと目を通してから買われるかどうか決断されることをお勧めします。

 普段から『妖怪は人の恐怖が形を得たものだ』とは言いつつ、『じゃあ恐怖って何?』という問いからは目を逸らしてきた私にとってこの一冊はまさに天啓! という事で読み始めました。この本では例え話で海外のホラーを多めに採っているので、その辺は私の求めているものとニアミスがあるものの(私としては『妖怪』として想像されるものに含まれる文化的、思想的側面にも興味があるので)充分に恐怖そのものへの理解を助けてくれます。

 しかし、この本。話の随所でそういうホラー映画の話が挟まれるのです。

 『サイコ』の超有名な、シャワー室でカーテンの向こうに現れたノーマンに女性が殺されるシーン以来、シャワーカーテンはこの種の常套的手法になった。カーテンの向こうに何かがいるのでは。主人公はごくりと生唾を飲みこみながらカーテンに近づいていく。一瞬のためらいののち、意を決してカーテンを開ける。と、いろんなことが起こる。カーテンを開けると、誰もいない。ホッとする主人公。そのとき、後ろから刃物をもった殺人鬼が、とか。これは『13日の金曜日』ね。カーテンを開ける、そこには鮮血が飛び散っているだけで、怪物も被害者もいない。(『遊星からの物体X・ファーストコンタクト』)とか。

 
(第一章『恐怖ってそもそも何なのさ?』より抜粋)


 こんな風に書かれると見たくなる。この感覚分かります? 登場人物の緊迫した表情、雰囲気を直に感じてみたくなります。と、いう事で。

③よし、ホラーを観よう!
 こうなるわけです。しかし困ったことに私、 これまでの人生でホラー映画は努めて避けてきました。 怖い話は好き。私の自室だけで実話怪談系の本が34冊。倉庫にはもうちょっとあるかな? 今もYoutubeで怪談朗読を聞きながらこの文章を書いています (まぁ、聞き流しながらみたいなものですが。今ふと思ったんですけど、気が付いたら朗読じゃなくてお経っぽい、意味不明な言語になってたら嫌ですよね)
 だが映画。オメーはダメだ。怖いじゃん。想像の余地をくれよ。なんでそっちが決めたヴィジュアルとタイミングを押し付けてくるんだよ勘弁してくれよ。
 そんなわけでDVDを借りるまでに凄く時間がかかりました。ホラーコーナーを右往左往しては『まじか……観なきゃいかんのかな……。あ、これも(本に)載ってたタイトルだ』(SFアニメに離脱して戻ってきて)『観たくねーなー……(パッケージを裏返しつつ)』と、まるで罰ゲームを決行するかのような有様でした。
 家に帰ってからPS4にDVDを入れるのにも似たような調子でしたよ、へへへ。何度『観たくない』と言ったか分かりません。観たくないけど観ちゃう、のではなく本当に見たくないんですけど恐怖への好奇心が勝るんですよね。これが人間の辛いところ。チクショー



 とまぁそんなわけで、これからちょいちょいホラーな映画を観てその感想を書いてみようかなーと思います。ネタバレも含みますのでそういうのが苦手な方は追記まで読み進めないことをお勧めします。あともちろん、怖いのや痛いの、グロテスクなのも観ていこうと思っているので、そういうのもね。
 それでは今回は『シャイニング』。

続きを読む

プロフィール

応真

Author:応真
このブログにおける掲載物の一切の転載を禁止します。

Mail→magokoro914☆yahoo.co.jp
(↑☆を@にしてお使いください)

PSO2:1鯖→OUMA 不定期。昼間に時間が取れればやるかな?ただ今EP1で育成中。

ゲームして、お絵描きして、読書して、たまにパズル雑誌。毎日が足りない!

ついったーにbot作りました→@bouyou_bot

※記事中で断定的な物言いをする事もありますが、あくまで『私の意見/思想』と割り切って書いてます。至らぬ部分はご指摘いただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad