テンプレートについて

公式テンプレートを元に作成しています。 再配布は禁止ですが、それ以外はご自由にお使い下さい。

是非にも語らねばならぬ

 はろーえぶりにゃん! 応真です。今日はねぇ、アプリゲーの話をしますよ!

 先日リューニャーさんが記事の中で『そんなんだから僕は音ゲーができない』と仰ってまして(いやそんなラノベのタイトル風ではなかったのですが)、これは言わねばならぬと。
 声を大にして上げねばならぬと。

 そう、プロデューサーとして。

続きを読む

スポンサーサイト

発見! ユーズド探検団!

 はろーえぶりにゃん! またまた()更新しちゃいますよー、応真です。鉄は熱いうちに打て、ネタも熱いうちに打てと言いますからね。

 またまた中古屋に行って掘り出し物を探してきました。ちょっと遠くの方に行ったのでいろいろありましたよー。今日はまずそちらを紹介させていただきます。

 フィルムに包まれたCDがワゴンにバラ積みになってまして、なんと5本100円。……とはいってもねぇ、仮に良いのがあったとしても裸のCDってコレクションとしてもちょっとどうなのよ……。と思いつつゴソゴソ……ありました!テレレレン!(モンハンのアレ)

 真島のマジROCK

 セガの『龍が如く』シリーズでおなじみ、真島の兄さんのキャラソンですね。『NOT FOR SALE』とあるので特典か何かでしょうか? 
 『龍が如く クロヒョウ』(PSP)シリーズはプレイしたことも動画を観たこともありません。1の体験版はやったかなぁ……。主人公が高校生のぱっと出、ってことくらいしか知りません。いやそれすら怪しい。維新で岡田以蔵やってた人? 
 話は全然分からないのですがストーリーの真島シーンを編集したらしきMVだけで惚れる。『何を恐れてる 何に怯えてる すべてを悦べ』という歌詞があるのですがホントに頭のネジ焼き切れてる兄さん好き。

 テレレレン!
 九怨 ~章~

 『アーマードコア』『ダークソウル』でおなじみフロム・ソフトウェアがかつてPS2で発売したスタイリッシュ陰陽師アクション(語弊あり)、『九怨』の販促用DVDですね。こちらも非売品。
 実写の導入ムービーとゲーム内映像を使ったPV、小説版の一部と開発者インタビューが入ってました。インタビュー以外観ました(興味なし)。
 ストーリーのあらましなどは割愛しますが、(幽霊?の出てくる)ギミックは王道っぽく普通に楽しそうでした。本編のゲームも探したのですが生憎置いておらず。またどこかで見つけたら買おうと思います。

 ゴソゴソ……
 『何も見つかりませんでした』ブピー



 お次はゲーム!
 Tomak -save the earth-

 ご存知の方は『あれ買っちゃったかw』とかなりますかね。プレイする気はあまりないのですが珍しくて買っちゃいました。
 このゲームは人間の愛を試すために使わされた愛の女神と3年間恋愛し、成就させれば人間に希望アリ! 世界滅亡回避! というゲームです。
 まぁその使いの愛の神様が何故だか忘れましたが植木鉢から首だけ生やした女性の姿をしておりまして、『生首と恋愛するゲーム』(今回のパワーワード)として話題になりました。
 残念ながら攻略面やシステムについては勉強不足なのですが、正直インパクトで買いました。シミュレーションって苦手なんですよねー……。やるかなーやるのかなー(たぶんやらない)

 ハローキティといっしょ! ブロッククラッシュ123!!

 ……………………。

 このゲームをご存じの方の反応はいかに。
 クソゲーオブザイヤー(携帯機)において見事王座に輝いたソフト。このゲーム、要は『ブロック崩し』です。画面下のバーを左右に動かしてボールを跳ね返し、画面上部に配置されたブロックを消していくのです。
 その単純なゲーム性にも関わらずクソゲーオブザイヤーに選ばれたその理由は……ズバリ難易度。ボールが反射する角度が既存の物理法則を無視するのは当たり前、あげく加速してみたりするので『どうあがいてもバーが間に合わない』という事態も日常茶飯事です。
 加えてステージ自体『バーとボールの周り以外暗闇に包まれて見えない』『ブロックが弾を撃って攻撃してくる』あげくに『設置された複数の矢印をすべて特定の向きに揃えなくてはならない。なお矢印は当てるたびに回転するのでせっかく揃えた矢印も事故ったらまた揃えてね』という超次元ブロック崩しが目白押し。その難易度故に一部では『波浪鬼帝』と呼ばれてるのだとか。
 友人の誕生日にプレゼントしたらクリアしやがったんですよね。私もやってみよー、という軽い気持ちで鬼帝に挑みます。いつか分からないんですけど。ていうかPSPの極魔界村もクリアできないしなー。まぁ半分コレクション的な? ていうか積みゲーが多すぎて手に取る理由がまず『持っておきたい』っていう所有欲。コレクター……というにはまだまだですが。



 さて、最後に本。

 妖談(文藝春秋 著:車谷長吉)

 タイトルと表紙からして妖怪の本……っぽいですが違います。『変な人たち』を描いた文芸作品ですね。まずは主人公が一日に五回大便するという話で始まり(汚い話ですいません)、その妻は夫がトイレで気張る顔を眺めるのが好きという……そんな語りから入ります。
 さてしかしこの話、全く関係ないところでプツリと終わってしまいます。次章以降話はつながるのかどうか、それ以降読んでないので楽しみ。

 戦中派 虫けら日記(未知谷 著:山田風太郎)

 山田風太郎の戦時中日記ですね。ちょっと読んでみましたがやはり書き方が面白い。戦時中の何気ない、テレビで取り上げられなさそうな日常風景も垣間見えてとても興味深かったので読んでみることにしました。古本は安いうえに古いのが良いですね。破れや書き込みはテンション下がりますけど。

 殺人マニア宣言(ちくま文庫 著:柳下毅一郎)

 ちょっと誤解されそうなタイトルですねー。まぁさほど誤解でもないので良いでしょう。
 色々な殺人鬼(主に海外)について語る本。第一章はそれぞれの地の旅行記になってまして、最初のエド・ゲインだけぱっと読みました。
 そういうのに憧れるような歳はとうに過ぎてしまいましたが、人の残酷さというのは不思議な魅力があります。実行云々ではなく、悪意の在り方と言いますか。悪徳のはずのそれが、なぜこれほどまでにエンターテイメント性を持つのでしょうね。興味は尽きません。

続きを読む

ゲームはしてます。

 はろーえぶりにゃん! いい加減更新しますね!! もうね、更新しなさ過ぎて『このまま更新しなかったらどうしよう……自分で終わったつもりが無くても読者のなかでフェードアウトしたらそれで終わりなのかもしれない……』と怖くなりました。
 昨日とか休みで時間あったんですけど細胞がマティーニを欲しがったので飲みに行ってました。『キングスマン』みたいに注文してみたいですよね。絶対やってくれないでしょうけど。

 ネタがある限りはブログ続けたいですね。つまり本を買ったり読んだり、映画観たり、ゲームしてれば書くことはできるので……あれ? これ終わらないんじゃね? でも全部『見る』ことに依存してるので失明とかしたら辞めますね。ていうか失明したら記事書けないって。

 今日はゲームの話でも。


 いえーい!!
 DMC4SEのブラッディパレス(全101回の戦闘をノーアイテムで行うサバイバルモード)クリアできました!


 いつぞやの記録。成長したもんですなぁ……。
 いやー、意外と簡単でした。いやいや難しいんですけど、難しい戦闘の後にだいたい回復ポイントが用意されているのでそういう意味で精神的に楽でしたね。何より難しかったのはファウストよりボスよりブリッツより、集中力を二時間弱持続させることですね。しかも終わったのが朝の5時。ツラァ
 これユーチューブでプレイ動画もやってます。現在ミッション3まで。4もなんとかクリアできましたし、BPもクリアできたんで自信つきましたよー。動画投稿は間が空いちゃうのでいちいち言わないことにしました。ミッション5個刻みくらいで告知しようかな。楽しみにするような内容でもありませんし。こう、エネステとかできない人が参考にしたらいいと思うよ。くらい。




 PSO2ではエマイユちゃんの余りの柔らかさにシステムから『あのな、耐性とかあるから気にした方がええで』と言われました。
 そんな今はソレイユくんを育てようと思っているのですがなかなかね、火力低すぎてダレますな。このまえソレイユくんで遊んでたら名状さんがログインしたよ! 久々のチムメンやったぜ!(ホントにどの時間帯に行っても人に会えない)

 というわけで今日はこれまで! 明日もお仕事ですからね。ちょっと短めにしておきます。
 ではでは、また次回の更新でー。

無駄に盛りだくさん記事

 はろーえぶりにゃん! 応真ですYOー。先日PS4の配信ソフトを観ていたんですけど、いつのまにやらスターオーシャン3のHDバージョン(?)が配信されていましたね。
 いやー、好きなんですよSO3。シリーズはこれしかやったことが無いんですけど。気になってはいるんですよね、4とか5とか。もう値段も安いし買おうかなー……(積みゲータワーを眺めつつ)

 とか言いつつ先日またゲームを買ってきました。
・ダークサイダーズ
・ダークサイダーズ2


 PS3版。アメリカ産のゲームなので本当はXbox360でやりたかったのですが、最近見かけないので見つけ次第買った方が良いかなと買っちゃいました。地域のために通販はできるだけ利用しない主義。
 アクションなのですが、出来はまぁ、ぼちぼちと言ったところで。ゴッド・オブ・ウォーっぽい感じはありますね。
 見どころはキャラデザ。『スポーン』の人なんですよね。ていうか購入理由の八割がそれです。

・ネバーデッド

 木村拓哉主演の『無限の住人』っていう映画があるじゃないですか。観るつもりは全くないんですけど、広告を見るたびにこのゲームのことを思い出していたので買いました。
 このゲームは主人公が不死身設定で、ミッションで定められた人物が死んだりするとゲームオーバーなんですよね。
 主人公が攻撃を受けることへのデメリットもありまして、手足やら頭がもげます。足が取れたら足まで這って行ってつなげたり、頭が取れれば胴体まで転がって行ったりという行動が必要になります。面白いですよね。

・ヴァンキッシュ

 プラチナゲームスのTPS。昔体験版はやったんですよ。結構面白かったのに値下がりが酷かったですね。シューターでない私にはその理由が良く分かりませんが、とうとう買ってみました。
 ブーストによる高速移動とスローモード(反応速度を機械で強制的に上げる。周りの時間がゆっくりになるよ)を使い分けることで緩急のある戦闘が展開できます。ボス戦ではQTEを正確に入力することで有利になったり。その辺がテンポの悪さと取られてるのかな……?

・ジャンライン

 新品580円。はい、クソゲーです。クソゲーオブザイヤーの候補にもなったよ! 麻雀ゲーなんですけど点数の計算ができなかったり、CPUが順番を飛ばしてあがっちゃったり、発売日にメーカーが謝罪文を出したり、あげくの果てに『麻雀素人が作りました』と言いだしたり役満ですね。
 私は麻雀得意ですよ。『ムダヅモ無き改革』読みましたからね。役の作り方とか点数の数え方とかよくわかりませんけど。
 いやもうそのクソゲーっぷりで買う価値ありますよね。いつかプレイするんじゃないでしょうか。

・仮面ライダー THEバイクレース

 以前見つけてずっと気になってたやつ。これもクソゲー。SIMPLEシリーズのキャラコラボしたやつですね。ガンダム軍人将棋とかそういうの。昭和の代表的なライダー(あとクウガとアギト)がバイクに乗ってガチレース! といういかにも面白そうな感じ。やっぱ仮面ライダーってバイクに乗ってる訳ですし、バトライドウォーでもメインにはなっていなかったですからね。こういうのはやってみたかったんですよー。

 ……………………(軽くプレイ中)
 ……ここが、地獄か……。

 コースは三種類。レースはタイマンなんですけどこちらだけ邪魔してくるショッカーが多数配置。カーブはドリフトとかブレーキかけるより壁にぶつかりながら無理矢理曲がった方が早いという何を考えたのか分からないバランス。これレースゲームなんですよ? テクニックも何もありはしない。
 ポリゴンも酷く、勝利するとライダーがバイクに跨ったまま腕を体にめり込ませカクカクと変身ポーズらしきものを取ります。声はありません。
 もうなんか『仮面ライダーを操作してる!』っていう高揚感は微塵もありませんし、レースゲームをしてる感覚すら怪しいです。かろうじて疾走感はありますけど。

・矢追純一極秘プロジェクトUFOを追え!!

 『こんなゲームあったんだ! 絶対面白い奴じゃん!!』と即購入。PSです。内容はUFOに関する12のエピソードが入っており、好きなのを選んだらあとは解説を眺めるだけ。うん、ゲームじゃないね。ゲームでこそないんですが情報自体はしっかりと入っているので面白いは面白いです。PSPo2iとかやりながらのBGMみたいに聞き流してみたり。
 真実味、というか内容の信憑性的な意味では素人目にもツッコミどころ満載、って感じです。『ナチスでは戦時中すでに反重力エンジンが開発され試作機は時速6000キロをマークした』とか言うんですけど、重力って質量を持つ物質が周囲の空間を自分に向けて引き寄せることによる作用ですから、仮に、100歩譲ってエキゾチック物質が存在していたとかでなんとか重力を引力から斥力にして浮遊できたとしましょう。では水平方向への推進力は? 左右への重力なんてありませんよ? 潮の満ち引きは月の重力が関係しているというので、それを操作すればどうにかなるかもしれませんが、月に向かうか、あるいは遠ざかるかしかできない兵器なんて要らないでしょ? まぁ千歩譲ってそれも解決したとしましょう。何らかの方法で重力を操作して浮きました。どうにかして水平方向に時速6000キロもの推進力を得ました。しかし大気中を移動すれば空気があるわけで、音速を超えれば押しのけられた空気の壁が衝撃波となって機体にダメージを与えるはずです。あのコンコルドですら最高時速は時速2000キロ。円盤状なんてマッハに到達した瞬間ばらばらになるんじゃないでしょうか。それはどうするんでしょうね。
 でもロマンはありますよね。私はUFOの実在に関して言及する気はありませんが、ロマンは大好き。



 さて、雑談はこのくらいにしまして(語り過ぎました)、追記では映画のお話を。かなり間が空いてしまったので前代未聞のの4本立てでお送りします。

続きを読む

迷い道くねくね

 はろーえぶりにゃん! お久しぶりです。いやー、なんだかね、なんかこう、ノれない。テンションが低いわけでもなくやる気が無いわけでもなく、なんかノれない、そう表現するしかない気がする。
 記事も書いてはいるんですよね。映画の感想とか。でも自分で読み返す気すら起きないのでたぶん良くない記事になりそうですね。なーんとなく投稿していません。
 そんな事より先日私思ったんですよ。もうあちこちでだいぶん前から言われてるんでしょうけど、私は先日思いました。

 PSO2ってソシャゲじゃね? と。

 だって期間限定イベント(緊急クエスト)やってイベントPt(コレクトゲージ)溜めて限定SSR(☆13)ゲットして限界突破(強化値上限解放)して…………。
 なーんかそう思うと、ふとやる気が萎みました。もともとその形式ってゲームとして壊滅的に面白くないと思っていますし。しかも手に入るSSRは武器ですよ。
 私スパロボのソシャゲとかデレステとかやってますけど、あぁいう『好きなキャラ』だったら頑張れます(一枚ゲットまで)。でもPSO2は武器。それも言ってしまえばOUMAちゃんでいえば錦以上の武器は無いわけですし、やる意味もありません。
 とりあえずいろんな職を使いながらマターボードをゆっくり埋めていこうかな、と思います。だってもともとそういうゲームでしたし、それを楽しんでいましたからね。ストーリー追いかけるだけなら趣味武器で十分でしょうし、これまでに集めた☆13も一応ありますから、困ることは無いでしょう、たぶん。

 さて、私の方はそれでいいとして、問題は私がチームに所属しているという事ですよね。『チーム』という共同体内において今のゲームの流れから離脱しようという私の考えは、事実上孤立宣言でしょう。一鯖はもう何か言うようなイン率をしてないのであれなんですけど、三鯖がですね。マスターに相談してみなくては……。
 でも『緊急に参加して武器を集める』ということが『私のしたいゲームじゃない』というだけで、チムメンとご一緒させてもらうのは嬉しいですし、楽しいんですよね。

 うーん自分で自分がめんどくさい。ままなりませんなぁ。
プロフィール

応真

Author:応真
このブログにおける掲載物の一切の転載を禁止します。

Mail→magokoro914☆yahoo.co.jp
(↑☆を@にしてお使いください)

PSO2:1鯖→OUMA 不定期。昼間に時間が取れればやるかな?ただ今EP1で育成中。

ゲームして、お絵描きして、読書して、たまにパズル雑誌。毎日が足りない!

ついったーにbot作りました→@bouyou_bot

※記事中で断定的な物言いをする事もありますが、あくまで『私の意見/思想』と割り切って書いてます。至らぬ部分はご指摘いただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad